こんにちは^^

 

娘は夏で3歳になります!

産まれたばかりだと思っていたのに、

身長は2倍近くに。

体重は4倍に。

DSC00772

できることが日に日に増えて、

最近はおしゃべりも達者です。

おちゃらけてみたり、

甘えてみたり、

わがまま言ってみたり、

反抗してみたり、

ケラケラ笑ったり、

毎日全力で過ごしています!!

IMG_2228

ママ、見て〜!と

どこで覚えたのかわからない前転を披露してくれました♬

 

 

この1年を振り返ってみたら、

保育園からのお呼出はゼロ!

 

 

0〜1歳児のときは、

いつも仕事をしていてもドキドキ。

しかも大事な仕事(休めない!)という時に限って

熱を出すんだからー(;´д`)ゞ

 

 

そんな日々が懐かしく思えるくらい、

2歳になったらほとんど熱も出さなくなりました。

出しても1日寝てれば回復。

 

プール熱、手足口病、りんご病、とびび、

突発性発疹、ウイルス性胃腸炎、、、

まー確かにいろいろ1歳児の間にかかりました。

 

 

 

そのおかげでたーくさんのウイルスに対する免疫を獲得できたので

万々歳なわけですが。

 

 

まだまだありますよね〜

水疱瘡とか、おたふくかぜとか、

インフルエンザだってまだかかったことないし、、

と思うと、永遠につづくウイルス(細菌)との闘い。

 

 

成長にはつきものだし、

2人目が産まれたらまた一からスタートって思うと

これはこれはながーいお付き合いになりますね。

 

 

 

これまでほぼ薬なしで娘を育ててきています。

 

からだのしくみから考えると、

症状はからだの防衛反応だから、

症状も抑えるよりも出し切るようにしています。

 

 

熱も、からだがウイルスをやっつけるために出している、

ととらえるので、見守っていれば娘のからだは必要がなくなれば

下げていきましたね。

 

こどもの症状の約8割は風邪と聞いたことがありますが、

それでも熱が出れば心配なのがママ心ですよね。


不安のもとを解消するには、「からだのしくみ」を知るのが一番!

 

 

そして経験で「母の勘所」もだいぶついてきた感じです^^

なんでその症状が出ているのかな?

どうすれば一番早く治してあげられるかな?

いかにからだのしくみを邪魔しないか!

時にはお医者さんやいろんなからだのプロの方々にもアドバイスをもらいつつ。

 

詳細は講座でもみっちりお伝えしています。

【子育て中のママ必須の知識♡】
残2!6/24子どもの風邪を早く治せるようになる「子どもの症状とからだのしくみ」講座

 

 

そして、「休養」に徹する。

うちは体調を崩したら、無理に食べさせずに、

寝ること最優先。

(そういえば、昨年こんな記事書いていました)

>風邪に薬はいらない。栄養つけなきゃ!も必要なし。

 

 

わたしも一緒になるべく寝ます。

娘にとって、わたしが隣りで寝ている方が安心できるかなと思って。

寝てばかりもいられない時もありますが、

ママがダウンしてしまっては家庭が崩壊します〜(特に我が家の場合)。

 

 

家事や育児はほぼわたしが担っているので、

パパは仕事で休めませんし、

両親は近くに住んでいないので。

 

 

保育園児はとくに、1歳デビューも多いでしょうし、

まーよくかかる!

と疲れているママ。。

 

 

かかりきれば、とってもつよい子どもになりますぞー!

(当時の自分にも、成長した娘を見せてあげられれば^^;)

 

 

そんなこんなで2歳になったらほとんど風邪を引かなくなった娘。

からだがつよいせいか?

女の子なのに、男の子より力がつよい。w

IMG_2209

5歳のお兄ちゃんに手を引かれているように見えますが、

9割は引っぱりまわしていた娘。

IMG_1891

ようやく女の子らしく、

リボンのバックでお買い物にいってみたり、

IMG_2216

お庭の花を摘んでくれたり♡

IMG_2182

お洒落にも気をつかい、

リュックは前に背負うというこだわりまで(笑)

とにかく、

元気で何より。

 

 

子育て中のママの皆さま、

過ぎたらいい思い出になるように

子どもの力を信じて乗り切りましょう〜!