こんにちは^^

オーナーセラピストのAkaneです。

台風も過ぎて、雨も上がりほっと…

できないようですね><

まだまだ今日も雨が降るようで、

皆様くれぐれもお気をつけてお過ごしください!

さて、

 

最近、オステオパシーに通ってくださっているお客様とお話してても、

 

朝がだるいんです

 

 

なんか疲れが取れないんです

 

すっきりしない

 

子どもと寝て早く起きよと思っても起きれないんです

 

こんな会話が多いのですが、

ご多聞にもれず、わ・た・し・も♡

 

でも、久しぶりにすっきりした朝を迎え、清々しい気持ちでブログを書いています!

o3000200013730264979

理由は私なりにわかっています。

 

◎寝るのが遅い

◎夜中に目覚めてしまう

◎食べてすぐに寝る

◎寝る前にPC/スマホを見る

◎真っ暗な部屋で寝ていない

 

思い当たる節はありませんか?

 

これらに該当するものがあると、

私はてきめんに朝の目覚めが悪いのです。

 

我が家…というか

睡眠の質を高めるマイルールがあります。

 

私はベストコンディションな身体があってこそ、

楽しい毎日が送れる♡と思います。

o5472364813730265415

 

体調がついてこないと、

 

 

マインドも落ちる。

やりたいことができない。

イライラ。

 

結果的にストレスにつながり、

育児や家事もやりたくなくなる(笑)

 

 

そんなループにはまらないために、

わたしが実践していて体感している5ヵ条。

 

その1.早寝は基本。夜更かしは2日連続まで。

 

早く寝ればいいのは周知のはず。

 

私は0時まではほぼ必ずベッドに入ります。

 

 

理想は22時〜2時は熟睡している状態。

 

身体が成長ホルモンを分泌するピークとも言われていますし、細胞の再生修復される時間帯。

 

だけど毎日そうもいかないですよね。

子どもが寝てからやりたいこと、家事、お一人タイム、夫婦タイム、見たいテレビなど?

 

私も子どもが寝た後に、仕事をしたり、家事をしたりすることもありますが、連続して夜更かしするのは2日まで!

 

3日目には子どもと一緒に寝てからだをリセット。

からだが遅く寝るのに慣れてしまうのを避けるのと、疲れを持ち越さないように。

 

やはり最低6時間。7.5時間寝るのが理想。

 

90分サイクルで睡眠のリズムがあるので、

6時間か7.5時間睡眠を意識して起きるようにしています!

o4912326413730266813

 

でも9時に子どもと寝ても朝起きれない日もある

大切なのは早寝だけじゃないと痛感()

 

 

その2.ぐっすり眠れる環境づくり。

 

授乳中は、早く寝るのに慢性的に眠かった記憶があります。

そう!3時間おきに夜でも起きていたから、体力が回復しないのですよね。

 

夜眠れるようになったら、

とーってもからだが楽になりました。

 

その体感から、一度寝たら朝まで起きない理想を追求するために…

 

快適な寝室環境を♡

 

夏なら暑苦しくて起きてしまったり、、

タイマー使うなら、切タイマー&入タイマーの二刀流で(笑)

 

入眠の3時間は体温も下降していくので、それに合わせてエアコンもオン。

 

途中は切っておいても、

明け方また暑苦しくて目覚めるのを避けるため、起きる2〜3時間前には入タイマーを。

 

だから早く寝ないとつけっぱなしです。

 

我が家は暑い日は、29〜30度設定で朝までつけっぱなし。

長袖長ズボンで寝ます。

 

 

子どもは絶対タオルケットかけないし。

 

かと言って、エアコンなしでは室温30度以上。

子どもも寝苦しくて夜中にぐずるので。

 

エアコンは、設定温度になるまでに一番電力消費するので、適温になってからだとそんなに電気代が跳ね上がることはないです。

 

 

むしろ日中の方が暑いから、

電気代気にするなら昼間のエアコン控えめにした方が◎!

 

冬は加湿を欠かしません。

 

個人的にはデロンギのオイルヒーターが快適。

だけど、電気代がかかる( ̄▽ ̄)

 

もちろん家電に頼らず、

自然に快適な環境を作れるのがベストですが、

我慢したり、手間をかけるより、

自分が楽に快適な環境をつくることに落ち着きました。

o4912326413730266106

その3.おなかが空いた状態で寝る

これ、ほんとうに大事です。

寝ている間は、細胞の修復&再生に費やしたいのに、

「消化」にエネルギーを使ってしまったら、

修復&再生はあとまわしに。

「消化」って優先順位が高いのです。

 

ちょっと胃の中に貯めておこう♡

ができませんので、食べ物が入ってきたら、

休みなく24時間労働しております。

 

朝お腹が空いていなかったら、

すっきり起きれません。

 

我が家の夕ご飯は6時半頃。

よくかんで、消化をお助けして、

そして、8時以降はフルーツくらいが原則。

 

夜更かし仕事していると、

なんかつまみたくなるという悪循環です。

o0480048013612760547

その4.寝る前のPC&スマホ厳禁。

すごく体感するのがこれです。

すっきり爽快に起きれる日は、

寝る前に絶対にスマホでネットサーフィンしていません。

 

ついついありません?

ネットで買いたいもの探したり、

調べものしたり、

寝ながらできる時代はいいのか悪いのか…

 

ブルーライトも目に良くないし、

覚醒してしまいます。

 

PCで仕事してすぐになんて絶対寝れないし、

寝付きだけじゃなく、寝起きも最悪。

 

脳が休まらない感じです。

 

寝室に持ち込まないのが一番ですが、

目覚ましがわりに使っているなら…

せめて「機内モード」で電波もシャットダウンです。

o4912326413730267724

その5.光は全部オフ。真っ暗な部屋で寝る。

間接照明なども全部オフ。

本当に真っ暗な部屋にしています。

自然界でも夜の光は本来「月明かり」くらいですよね。

 

お手本は自然の世界♡

 

朝が起きにくいという方は、

カーテンを少し開けて寝れば、

朝日が入ってくるので起きやすいですよ。

 

キャンプなどに行くと、

動物の声で目が覚めたりしません??

 

田舎のおじさんの家に行くと、

「コケコッコーーーーー!」で目が覚める(笑)

 

東京ではなかなかありませんが、

そんな目覚めも好きです♡

 

意外と寝室に置いている家電製品のスイッチの光。

真っ暗に慣れると、その光さえ邪魔に感じます。

 

光のある部屋で寝るのと、

真っ暗な部屋で寝るのでは全然違いますよ。

 

まずは、寝室にテレビがある方は、

それをなくすことからかな^^

o5184345613730268314

 

 

いかがでしたか?

 

 

ぐっすり眠ることは、健康にも美容にも欠かせない大切なこと。

そしてわたし、「睡眠」に対してどん欲なので、

快適さを損なうものは許しません!!

 

夫が夜中に寝てる私に話しかけたりするんですよ(笑)

 

子どもも寝る子は育つ。

 

子どもに起こされる前に!

にスッキリ起きれるママを目指します。

 

毎日は無理だけどっ♪