こんにちは^^

プライベートなお休みをもらった10月初旬。

 

楽しみにしていた沖縄への親子旅。

9月に毎週のように台風が日本列島に接近したり上陸したり、

さすがに10月は大丈夫だろう、、

とのんきに構えていたのですがね〜

見事に私たちが行こうとしていた日に、

沖縄に向かって大型台風が近づいてきていました。

 

「大丈夫!たぶん台風上陸前に、私たちが上陸するから♬」

なんてお茶目なこと言ってた自分が恥ずかしい^^;

出発前日15時に欠航が決まったことが航空会社より連絡あり。

14355629_1009810525782847_324969981921779292_n

沖縄に行く気満々で、

バッグにパッキングも済んだ直後でした。

一緒に行く友人宅に前泊する予定でしたので、

あと2時間で出発するというタイミング。

娘も、「ひこーきのって、おきなわいくーーー!」と

ルンルンなご様子。

もう後には引けない母でございました。

もちろん、引く気もなかったので(笑)、

「とりあえず、泊まりに行っていいですか?」と一応確認し、

その直後に取った行動。

 

 

パスポートの用意!!

はい、私の中で沖縄に変わる行き先を心の中で決めたのです。

 

 

ありますよね〜

沖縄の南の方に島が!

 

 

 

「台湾」です。

 

 

 

日本からの距離もほとんど変わらないし、

気候も変わらないし、

時差だってたったの1時間。

 

 

なんならプラグだって日本と一緒だから心配なし。

今年の5月にも行った台湾。

>>子連れ台湾旅行!子どもも満喫した3日間の旅(公園編)

>>子連れ台湾旅行!子どもも満喫した3日間の旅(食事編)

 

 

だからこそ、あそこなら母子旅行でも行ける!と確信がありました。

沖縄も成田からジェットスターで行く予定でしたので、

「成田からなら台湾へもLCCで行ける!」

 

早速expediaで調べてみたら、前日なのに台北まで往復24,000円(荷物預けあり)。

 

 

沖縄便の欠航が払い戻しあるかわからなったので、

少しの損はあるかなと思いつつ、

でもこの値段なら予算内で行ける!!

とこれまた確信しまして、

最大の肝は宿泊先。

 

 

ホテルも探せば取れたのでしょうけれど、

高くついてしまうので、

到着の24時間前だというのに、

台北に駐在中の大学の後輩にLINEをしました。

 

 

「今週忙しい?(笑)」

「台湾に行ったら、泊めてもらえる?(笑)」

 

 

さすがに後輩も、

「突然!(笑)何曜日からですか?」

「明日!」

 

 

そしたら、

後輩

「ダブルベッドのお客様用の寝室と、リビングの広めのソファでよければ。(笑)」とね。

 

 

 

 

きたーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

 

 

直ぐに「じゃ、行くね!」と言いたいのはやまやまでしたが、

実はまだこの時点で同行者には台湾に行くことを打診していませんでした。

 

 

そこから、同行者の友人の家に向かいながら、

「台湾にしません?」と打診スタート。

 

 

友人親子は初海外(でも最近パスポートを取得したことは聞いていた)。

ちょっとためらいがあったようで、

すぐに「オッケー」とは行かず、合流してから検討しましょうと。

 

 

合流して、友人宅に着いたのが19時すぎ。

IMG_4291

(ちゃっかり親子で手料理をいただきまして、、)

 

 

 

どうする?!

どうする?!

と言いながら、

 

 

「台湾いっちゃいましょう〜」しかもう言葉が出てこない私(笑)。

 

 

そしたら友人の旦那様が、

「台湾いっちゃえば?」と。

 

 

 

台湾か札幌かと最後は2択で迷いました。

 

 

台風が日本列島を縦断しそうな予想経路でしたので、

台風の影響を受けないためには、国内だと北海道くらいしか。

 

 

仕事の都合で出発日をずらすことはできず。

最後の決め手は、

「わたし、沖縄仕様の服しか持ってきてません!」でした(笑)

 

さすがに札幌では寒いだろうということで、

ついに台湾行きが決まったのです。

 

 

ここまでで、欠航から6時間。

21時に決定し、航空券を予約して、翌朝成田へ。

DSC_0258

ひとしきり搭乗前に遊ばせて、

いざ飛行機へ。

LCCはスクートというシンガポール航空のグループでした。

初耳の航空会社でしたけど、機内は普通。

DSC_0269

予定時刻で出発したところまではよかったのですが、

滑走路に行く途中で飛行機が停止。

そこから機体整備のため引き返しますのアナウンス。。

最初は30分要します、と言っていましたが、

絶対終わるはずがないと思って1時間遅れは想定しました。

 

 

実際は、、

なんと3時間機内で待たされて、

予定だと台湾に着く頃だよね?という時間に離陸したというおまけ付きでした。

DSC_0274

 

3歳女児は遊びながら3時間ちゃんと待てたのでした。

離陸したら寝まして、とっても成長を感じました。

DSC_0279

そんなこんなで欠航決定から台湾に着くまでの24時間。

いかがでしたでしょうか?(笑)

 

 

子連れ海外旅行は、

心の準備さえあれば前日に決めても行ける便利な世の中です。

 

 

台湾での親子で大満喫滞在記については、

また別記事で!

台湾、本当に子連れに優しく、親子で楽しめる国ですよ。