こんにちは^^

 

お花見日和な新年度。

いよいよ新生活もスタート。

我が家はスウェーデンから新しい家族を迎えています♡

日本語学校へのルートをご案内しつつ、

昨日せっかくなので小石川後楽園へ桜を見にいきましたら、

入場チケット買うのに1時間待ちっっ。

 

「Sorry, she(娘)can’t wait for 1 hour.」

 

ということで、

周辺の路地の撮影スポットで写真だけ撮ってきました。

 

 

「Weekdayなら空いてるから、Schoolのあとに来たらいいよ!にこっ♪」

って通じたかな(笑)

 

 

青い透き通った瞳が可愛い17歳!

もっと大人っぽく見えるけど;;

 

 

そんな彼女。

着いた当日から喉が変だと言って本調子ではなさそう。

昨日もほとんどご飯を食べずに寝て、

今朝も声が枯れちゃって可哀想…

飛行機の移動で疲れちゃったのもあるでしょうけど、

きっと初めての日本への留学で緊張していたのもあったのでしょうね。

 

わたしが初めて1ヶ月留学したのも17歳の夏。

症状からもきっといろんなプレッシャーがあったのだと推察。

 

 

喉は、言いたいことを言えずに飲み込んでいたり、

イエスやノーを言えず我慢していたり、

不安やプレッシャーに反応するところ。

 

 

英語で言いたいことが通じず、

ストレスで喉の症状治らなかったらどうしよーーーーーーーーー

と心配は募ります。

 

 

スピーディーな流暢な英語、

そして控えめな声のため、

娘のシャウト級の声に消されて全然聞きとれないから、

絶対「Pardon?」となる。

 

 

もう一回聞くわりに、

全然スピードもボリュームも変わらないから、

「え?ごめん、聞こえない。笑」

 

 

開き直って日本語で聞き直す。

 

 

なんとか聞き取って、

日本語で返答するけど通じないから、

拙い英語(単語)で返す。

 

 

これも喉に追い打ちをかけるんじゃないかと(笑)

どうか早くよくなりますように!

 

 

 

その一方で、

肝臓お疲れモードを実感しているわたし。

 

 

えぇ、原因は承知しております。

 

 

肝臓が痛い。ってことはないのですが、

肝臓はストレスを感じると腫れたり、硬くなったりします。

 

 

先月、友人が「右肩だけ痛い」と訴えた時に、

ホロソフィ―協会の中壽賀先生が「肝臓……」と言っていたことを思い出しました。

(明後日は、いよいよ中壽賀先生の施術会→【満員御礼】です。)

 

まさしく、一昨日?

起きたら右肩だけ凝っているのです。

凝り&張りがあって痛い。

 

ついでに起床時には腰も痛い。

 

 

いてててて、、

の翌日。

 

もうね、午後になると頭痛がするのです。

夕食の時にはね、ちょっと吐き気がするほどになり、

横になりたい気分。

 

 

そんなわたしを横目に、、

なぜか「布おむつ」を引っ張り出してきて、

履かせて〜入らないでしょ〜からの

「履けちゃった〜!!」とソファに顔をうずめてイヒヒヒ大喜びしている日中の模様。

 

 

お風呂に入って、

首のセルフお手あてをしたら、

血流循環がよくなって痛みは消えるのですが、

また身体が冷めてくると頭が重い。

 

 

こんな日は、娘と潔く8時就寝。

 

 

 

朝起きてもまだ重かったですが、

今日は首の痛みも消えて、午後にはすっきり。

 

 

自分なりに原因がすごくわかっていて、

消化するのに時間がかかってしまいました。

 

 

 

こんなありがちな症状のサインを発しているのは、

肝臓ちゃん。

 

 

 

 

肝臓=怒りを司る臓器。

中医学でよく言われていますね。

 

起床時に腰が重く痛いのも肝臓の血流が良くないサイン。

起きて歩いていたりすると腰痛は感じないのも特徴かな。

 

 

肝臓は右の胸の下あたりにあって、背中側も覆う大きな臓器。

そこが硬くなるということは、、

 

そのまわりの胸回りや腕から首にかけての筋肉も

緊張して硬くなる。

 

よって右側の肩だけが痛い。

 

 

感情と臓器のつながりはよく言われていますが、

まさにその通りのサインを体感して、

 

からだって間違えない!

からだは正直者。

こたえはからだの中にある。

 

と改めて実感した数日でした。

 

 

お見事な自分のからだ。

自分でからだの繋がりから症状を客観的に見てみると、

治るまでの変化もすごく納得できます。

 

 

こんな時は、

右側中心(肝臓や右脳、右の首の付け根)にお手あてでしのぎつつ、

気持ちの整理です。

この気持ちを消化できないまま、

見て見ぬ振りすると、もっと根深いところに一時的に貯めておかれるだけ・・・

 

 

後々もっと痛い目にあわないように、

こうしてひとつひとつからだのサインと向き合うのです。

これがわたしのセルフケア方法。

 

 

 

小さなイラっとする気持ちはたまにあっても、

「怒り」というところまでいくことはなかったのですが、

本当に久しぶりに怒りに達することがあり、

その気持ちが中途半端に引きずっていたのです。

(消化した今は、笑えるのですけど。)

 

 

それにからだが反応してくれたのだから、

感謝しなきゃです。

 

 

症状ってありがたいもの。

 

 

この程度の不調のときはそう思えても、

辛い辛い症状になっていくと、

ネガティブな気持ちの方が強くなってしまうものですね。

 

 

肝臓が疲れると、過去にとらわれやすくなるとも言われてたり、、

 

 

まさに悪循環。

 

 

こんな日はね、

自分のしたいことをするのみ。

(それができるというありがたい環境に気づいたら、すっきり。)

 

 

自分なりに肝臓を労る方法です!

 

 

 

まわりの友達にびっくりされるけれど、

わたしは寝ることが何よりも治癒への近道。

 

 

イヤなことだったり、

マイナスな気持ちも寝たら忘れちゃうタイプ。

立ち直り、すこぶる早いです。

(反省しきっていないとも言う。w)

 

 

そんなこんなでエネルギーをチャージいたしまして、

幸せのお裾わけ(手みやげ)も用意しまして、

あとは明日からの公私ともに予定溢れる毎日に備えるのみ。

豪徳寺にあるuneclefのレモンケーキです。

とーーーーーーーーーーーっても美味しいらしい。

(わたしはまだ未体験)

ぜひサロンに来た日は立ち寄ってみてくださいね!

 

 

母にもお一人で自由に過ごす日がたまには必要!

掃除も洗濯もせず、ごろりんしたっていいじゃないの♪

同じような母(友達)とLINEでやりとり安心し(笑)、

すっかり回復いたしました。

 

 

 

4〜5月は、こんなスケジュールでいきますよー!

▷4月5日(水)中壽賀先生によるホロソフィー施術会@世田谷

※先行ご案内で枠は埋まっております。次回は6月予定。

4月20日(木)子どもの症状とからだのしくみ講座@世田谷
5月13日(土)中壽賀先生によるお母さんに聞いてほしいからだの講義@渋谷

9:45〜 子どもの「皮膚(肌)」のお話

12:30〜 子どもの「発達」のお話

14:45〜 子どもの「歯」のお話

※定員に達しましたら、キャンセル待ちで受付します。

 

家族のためのおうち療法家「ホーム・ホロソファー講座」は、

5月25日(木)or26日(金)開催調整中です。

 

施術のご予約もありがとうございます♡

通ってくださってる皆様、

4月は施術枠が少なくて申し訳ありませんっっ

【最新予約状況】オステオパシー施術

 

春もいよいよ本番。

心機一転、新しい気分でスタートダッシュを切りましょうね〜!