こんにちは^^

 

お母さんに聞いてほしいシリーズの講義。

お待たせしました。

再び東京で開催決定です!

皮膚の講座は、残席2名となっています。(5/9現在)

 

1月に「子どもの歯」のお話をしてもらった
日本ホロソフィ―協会の中壽賀宣行先生に、

前回リクエストの多かった「子どもの発達」
キャンセル待ちだった方、タイミングが合わなかった方のために「子どもの歯」をもう一度、
そして、ご相談やお悩みの多い「子どもの皮膚(肌)」について、

5月13日(土)渋谷にて3本立てで講義をしてもらうことになりました。

どのテーマも、

子育て中のお母さんには知っておいてもらいたい、

からだのしくみ、症状をどう見るか、そして対策法までをお伝えします。

 

わたしは娘を産んでから日本ホロソフィ―協会の先生方の

お話を聞いて学びましたが、

「子どもが産まれる前に知っておきたかったな」と思ったのが正直なところ。

 

私は先生方に「からだがすることにはすべて意味がある」

というからだのすばらしさとともに、

「(家族も含め)人と向き合うとはどういうことか」

心から気づかせてもらいました。

 

先日夫からはこんな話を聞きました。

役職のある方に、

「策に溺れるな、状態を見ろ」と助言をもらったそうです。

それから、自分が変わったら、

チームが変わり、成果が出る流れに変わったのだと。

 

わたしはその話を聞いて、

人を育てるという観点では「子育て」でも、

そして「からだを診る」上でも

本質は同じだなと思ったのです。

 

中壽賀先生や岩田先生も講義では言葉は違いますが、

本質的には同じようなことを言うのです。

 

例えば、、

からだを会社に例えると、

「個々の部署(部位)が出す業績(結果)を見るのではなく、

職場環境を見ることが大事」

ようは、

症状は結果であって、なんでそうなっているのかを見るのが大事。

 

という言葉もそうですし、

 

「施術者はテクニックよりも、自分がどうありたいかの方が大事」

という言葉にも通じるものがあります。

 

組織のマネジメントであれば、

策(値引きとかキャンペーンなど)よりも、

部署(部下)がどんな状態(モチベーションも含め)なのか、

メンバーが最高の状態でのぞめているのか、

その状態になっているのはなんでなのかを考えなさいと。

 

からだも施術も同じ。

 

からだがどんな状態になっていて

何でそうなっているのかがわかれば、

解決策はおのずとわかるということ。

 

 

そして、

施術者はテクニックを求めるのではなく、

大事なのはヒトをみる視点や、

施術者自身がどうありたいか、

どんな想いでヒトと向き合うかが大事ということ。

 

 

どんなことでも、

成果を出すためには、

本質をつかむことが一番の近道。

 

子どものことを大切に想う沢山のお母さんに、

からだの本質を掴みに来てもらいたいです!

 

子育てするお母さんに知っておいてほしいからだの基本的なしくみと、

なぜその症状が出るのか?

その症状や発達における赤ちゃんの動きは何を意味しているのか?

歯や皮膚はからだの中でどんな役割をしているのか?

などなど

中壽賀先生は、わかりやすい例えも用いながら、

楽しい講義をしてくれます。

 

子どもの身体を育むのも親の役割。

身体に興味を持ってもらうきっかけになれば嬉しいです。

 

からだのしくみを知って、

お母さんが子どもにとっての最善策を見つけながら、

親子で一緒に成長していってもらえれば何よりです!

 

子どもも大人もからだのしくみは同じです。

家族のためになる講義をぜひ聞きにきてくださいね。

 

【お母さんに聞いてほしい「子どものからだ」のお話】

日時:5月13日(土)

9:45〜11:45 「子どもの皮膚と粘膜」のお話

12:30〜14:30 「子どもの発達と生活」のお話

14:45〜16:45 「子どもの歯」のお話

 

場所:渋谷駅より徒歩4分の会場

※詳細場所は、お申し込みされた方にご案内します。

 

講師:日本ホロソフィ―協会 会長

施術院「奏」 院長

中壽賀宣行 先生

 

料金:子どもの発達と生活のお話 5,000円(税込み)

子どもの皮膚と粘膜&子どもの歯のお話 各7,000円(税込み)

 

講義内容:

9:45〜「子どもの皮膚と粘膜」 2時間 7,000円

〜先生よりメッセージ〜

アレルギー、アトピー、乳児湿疹、湿疹、蕁麻疹、喘息、ニキビ、蜂窩織炎、ヘルペス、口内炎などなど、粘膜や皮膚のトラブルは挙げだすとキリがありません。


赤ちゃんから年代を問わずお悩みの方が多いですが、まだまだわかっていないことも多いこの分野。


身体全体の視点からこれらのトラブルにはそもそもどういう意味があって、何で起こっているのか?
そして、どう対処したら良いのか?

色々複雑に考えてしまいますが、この講座を聞いて頂ければ身体がいかにシンプルに、そして完璧に出来ているのかわかり、身近なトラブルの意味がわかってくるかと思います。


結果的に、どう大切にしたら良いか?が紐解かれ、日々のお悩みが少しでも軽減されれば幸いです。

■ 皮膚や粘膜の役割
■ 他の臓器との関係
■ アレルギーって身体の中で何が起きてるの?
■ 何で肌が荒れるのか?
■ 赤ちゃんの肌トラブルの原因
■ 気をつけたいこと

 

12:30〜「子どもの発達と生活のお話」 2時間 5,000円

〜先生よりメッセージ〜

答えはすべてからだにあります。

身体には全て意味があり、あの様な形、大きさをしています。

結果的に、どう大切にしたら良いか?が紐解かれ、日々のお悩みが少しでも軽減されれば幸いです。

例えば、足が何であんな形をしていて、どうやって歩いているのか?
これにも全て意味があります。

それをわかれば自ずと何を選んで何を選ばないのか?や、どういう風に気をつければ良いのか?ご理解頂けるかと思います。

今回の講座では身体の構造がなぜそうなっているのか?という視点から、

普段の生活で気をつけて頂けることをお話しさせて頂くとともに、帰る頃には「身体ってすごい!」と実感して頂ける講座です。

■ 子どもの生活習慣が身体に与える影響とは
■ 発達の順序、赤ちゃんの動きの意味
■ 足の形、大きさの意味
■ 抱っこひも、子どもにとっていいものって?
■ 子どもの頃の靴が、身体に与える影響とは
■ 5本指靴下はどういう影響を与えるのか
■ 普段から気をつけたいこと

 

14:45〜「子どもの歯」のお話 2時間 7,000円

〜先生からのメッセージ〜

最近、本当によく聞かれるのが“お子さんの歯”についてのお話です。

歯並びが悪いけど何でなのか?歯列矯正はした方が良いのか?などなど、、、

この講座ではホロソフィーの視点から、

身体の中で“歯”がどの様な役割をしているのか? やどの様な影響を身体に与えるのか?というお話から、

お子さんにとってどれだけ歯が重要で、どの様なことを気をつければ良いかということをお話させて頂きます。

■ 身体の中での歯の大切な役割
■ 歯列矯正について
■ 歯の治療をする際に知っておいてほしいこと
■ 歯が身体に与える影響
■ 歯並びがなんで悪くなるのか?
■ 発達と歯の関係、子どものおしゃぶりの意味
■ 歯とココロ(感情)の繋がり

《お申し込み》
>>お申し込みフォームはこちら<<

 

お子様とご一緒でもご参加いただけます^^

中壽賀先生のお話は、

オステオパシー、東洋医学、徒手療法、運動療法、食事療法などの医学や、解剖学、生理学、運動学、胎生学、発達学、量子学など、様々な要素をつなぎ合わせた「ホロソフィー」という視点からのお話です。

 

気さくな先生なので、

何でも気になることは聞いてくださいね。

並ならぬ触診力のお持ちの先生。

施術でも老若男女に人気です。

(東京で施術を受けたいという方も沢山いらっしゃいますので、

6月には施術会もお願いしています。)

 

子育て中のお母さん、お父さん、

そしてこれから子どもを産む予定の妊婦さんも、

子育てに携わっているお仕事をされている方々にも聞いてもらえればと思います。