「身体はどうやったら治るのか?」

知りたいヒトはたくさんいると思いますが、

答えを知っているヒトは意外と少ないのかもしれません。

 

答えは一つとも限りませんが、

どうやったら治るのかな?と根本的な解決法を考える前に、

なんらかの対処をしている場合も多いのだと思います。

 

からだのことって一番身をもって実感できるのですが、

自分事になってみないと辛さはわからなかったり、

あまり真剣に考えることもないとも言えますね。

 

健康なときは、健康であって当たり前。

何も症状がなければなくて当たり前。

 

症状が出たら、すぐに症状を消したい。

早く治したい。

これが一般的に思うところかなと思います。

 

原因を探す前に、

症状を消すのが第一になりがちですが、

なんでその症状が出ているのかな?という原因がわかって、

その原因を取り除けば、

自ずと症状は解決に向かうというからだの基本。

 

 

原因がわからないのに、結果だけを見て対処することは本当に正しいのか?

そもそも身体に起こる「症状」って何なのか?

それを知るには身体というのがどういうものか?

知る必要がある。という中壽賀先生。

これがホロソフィ―1day1入門講座〜身体の見方、捉え方、治り方〜のイントロダクションです。

9/26中壽賀先生のスペシャル講義(お申し込み受付中)

 

 

医学の祖と言われるヒポクラテス(2400年前の人)も、

このような言葉を残しています。

 

『われわれの体には、もともと、

健康に戻そうとする自然の力(physis)があり、

医者はそれを助けるのが任務である。』

 

 

本来それぞれの身体がもつ自然の力が働いていて、

なんらかの原因でその働きが落ちたとき、追いつかなかったときに、

不調というからだの調和が崩れます。

 

自分以外のヒト、もの(薬など)ができることは、

その調和を取り戻すための「手助け」のみ。

もちろん使い様によっては、足を引っ張ることにも。

 

 

このからだの本質を学んでからは、

どんな症状も「コワイもの」というより、

結果だなと捉えるようになりました。

 

症状は出ないに越したことはない。

 

けれど、そうもいかないのがヒトのからだ。

 

何もしないで待ってればいいのか?

 

けれど、少しでも早く治ってほしいと思うのがヒトの気持ち。

 

ヒトのからだと気持ちにも寄り添って、

先生は手だけで施術をし、沢山の方々に感謝される日々を送っていらっしゃいます。

身近で施術を見学させていただいたり、

実際に受けて、「手でどこまでできるの?」と毎回思う。

 

先生は自分が特別ではないということもおっしゃいます。

それが「ヒトの身体を解剖学的、生理学的に科学する」というオステオパシーの考え方なのだと思います。

 

腰痛、頭痛、膝痛、不妊、アレルギー、アトピー、ガン、肌荒れ、、、

とくかくよく聞くお悩み。

もし、自分がなってしまったら、、

もし、自分の家族(知人)がなってしまったら、、

もし、自分の患者やクライアント(お客様)がなってしまったら、、

あなたならどう向き合いますか?

オステオパシー、東洋医学、徒手療法、運動療法、食事療法などの医学や各種療法に加え、

解剖学、生理学、運動学、胎生学、発達学、量子学など、

様々な要素をつなぎ合わせた「ホロソフィー」という視点からの中壽賀先生のお話です。

 

入門編ですので、1日完結型の講義です。

さらに、中壽賀先生の手による触診(プチ施術)をご自身の身体で体験できる貴重な機会。

 

9/26中壽賀先生のスペシャル講義(お申し込み受付中)

 

日本ホロソフィ―協会の連続講義には、

「家族のために何かしてあげられるようになりたい」という方や、

「施術家やセラピストを目指したいけど何から勉強して良いのかわからない」という方、

何年もセラピストをやっているけど、基本から学んでみたい方、

「身体がどうなっているのか興味がある。」などの理由で来られる方が多くおられます。

 

今回1day入門講座は、少人数制の講座となります。

先生自身が施術家として有名になるまでの実体験や、

様々な症例なども交え、

向き合い方や自分の生き方も含めて一歩前進する1日にしていただけたらと思います。

私は中壽賀先生に出会って、

からだのことを学べて本当によかったと思っています。

だからこそ、自分だけでなく沢山の方に会ってもらえればと思い講座を主催しています。

講義のより詳しい内容は、お申し込みページよりご確認くださいね!

真面目さとユーモアと謙虚さと自信を兼ね揃えた中壽賀先生。

オンとオフの時の顔つきの違いったら(笑)

そのバランスも親近感に繋がってるのでしょうね。

翌日27日(水)の施術会は、現在キャンセル待ちです。