何でも「土台」となる基礎が大事というのは周知のこと。

家作り(建築の世界)もそう。

土台となる基礎工事の重要性はよく言われる話。

スポーツの世界も基礎練習の積み重ね。

技術よりも大事な「基礎練習」「身体作り」への努力を怠らない人ほどトップ選手になっている。

勉強だってそう。

基本問題を理解せずに応用問題が解けるはずがない。

 

 

ヒトにとって「土台」となる基礎がいかに大切か、

わかっているのについつい結果を急いだり、目新しいものに飛びついたり、

大人になればなるほど近道をしたくなるものだなーと感じます。

 

日本ホロソフィ―協会の先生方には、

ヒトの身体という観点で「土台の大切さ」に気づかせてもらいます。

(左が会長の中壽賀先生、右が副会長の岩田先生)

 

9/26開催の『バーストラウマ』をテーマにした講義では、

以前岩田先生からこんなお話がありました。

 

『身体というのは良くも悪くも積み重ねでしか構築されては行きません。

バーストラウマ(妊娠〜出産までに赤ちゃんが受けた影響)の大きな問題点として、

人間にとって本当に初期から身体に残る問題となるため、

もし、そのまま成長すると、

その初期に作られた土台の上に

それからの人生で受ける全てのものが積みあがっていくことにあります。』

バランスゲームのジェンガを思い出すのですが、

下の方の土台がぐらつくと、

ちょっとした弾みで積み上げたものががっしゃーんと総崩れしますよね。

 

ヒトの身体も同じで、

ぐらぐらした不安定な土台の上に積み上げて成長していく身体と、

安定した土台の上に積み上げてい成長してく身体は、

どちらが崩れにくいか?

 

『バーストラウマ』という概念さえ日本ではあまり知られていませんが、

先生方は知見を深め、施術に来られる方の身体と向き合う中で、

実際、このバーストラウマが不調や長年の悩みの根本の原因となることは珍しくないと言います。

 

『完璧な存在の子どもを穏やかに見守れるきっかけにしてほしい。』

 

9/26中壽賀先生のスペシャル講義(お申し込み受付中)

 

そもそもヒトの身体は完璧にできている。

赤ちゃんは天才。

 

ホロソフィ―という考え方でとても大事にされている視点。

 

受精卵からヒトになって産まれてくる過程で受けた影響、

つまりヒトのスタートとなる「土台」にもし何らかの歪みだったり、

不安定要素があるのであれば、

根本原因であるそれを取り除けばそのヒトが人生で積み重ねてきたものが

今まで以上に生かせるようになるのです。

 

今では健康という観点で食事だったり、運動だったり、

日常生活で気を遣っている方は沢山いらっしゃると思います。

 

いろんな情報があり、時代や流行もあり、

どれが自分に合っているのかさえわからないほど情報過多の時代。

 

今も昔も変わらない基本的なからだのしくみを知ったり、

根本原因を探すことの方が近道なのではないかと思います。

 

お母さんたちが安心して子供の成長を見守れるように、

先生方は大事な大事な視点を教えてくれます!

 

からだは一つ一つのたくさんの細胞が「一つにつながったもの」と捉える

大きな視野からみた自分や家族の身体のこと。

この視点が「土台」となって、

今すでにもっている健康に関わる情報や知識を積み重ねていってもらえれば、

迷いや不安はおのずと減ってくると思います。

 

9/26中壽賀先生のスペシャル講義(お申し込み受付中)

 

ヒトの身体に触れるお仕事の方、

医療従事者やセラピストの方、

これから独立・起業を考える方、

すでに個人で経営されている方なども、

クライアント(患者)と向き合いながら、

なんで治らないんだろう?とか、自分にはこれ以上できないな。とか、

いろんな壁にぶつかる場面があると思います。

  • 患者が治らない、施術効果が出ない、自分の技術に限界を感じる
  • 新しいキャンペーンやサービスを常に考えている
  • 新規集客、リピートを増やす「策」を考えている(集客への不安を抱えている)
  • 資格を取得したが仕事につなげられていない
  • これから自立(独立)したい
  • 好きを仕事にしたい

 

これらの悩みや不安を解決するためにも、

ヒトの身体に触れるのであれば、ヒトの身体のことを知っていなければなりません。

 

『あなたはどういう考えで人のことを触っていますか?

これが「ない」もしくは「ブレる」から迷う。』

 

中壽賀先生はセラピストや治療家においても、

基本となる自分の軸であったり、考え方、ヒトを見る視点などの重要性を

ご自身の経験からも発信されています。

 

触れ方一つで、先生には見抜かれます。

 

9/26午後1時からの『ホロソフィー1day入門講座〜人の見方、捉え方、治り方』の講義では、

実技での体感ワークや先生の施術を見学・受けたりしながら、

セラピスト・施術者・ボディーワーカー・代替医療などに携わる(携わりたい)人に人の本質を伝え、

今持っている知識や技術の底上げを目指します。

 

少人数で深い学びを得てもらえる機会ですので、

さらにもう一歩抜け出したい!という方、

ぜひお待ちしています。

9/26中壽賀先生のスペシャル講義(お申し込み受付中)

 

私も何度も同じ話を聴いていますが、

毎回受け取れる深さが違います。

響くところも違います。

 

さらにもっと学びを深めたい方は、

10月から東京で開講の日本ホロソフィ―協会主催の『マスターホロソファー講座(ベーシックコース)』で

  • セラピストのための基礎医学
  • 身体の見方
  • 解剖・生理・触診学(骨・筋・膜・内臓)
  • 発達について
  • Holosophy®の施術哲学
  • Holosophy®3つの柱について
  • RCテクニック、スタビリテーションテクニック

多岐に渡り、とても大事な土台の部分を学べます。

>>【募集開始】マスターホロソファー講座(ベーシック)東京開催決定!!

 

 

これでベーシックコース?というほど内容が盛りだくさんで、

子供の発達のお話から、解剖・生理・触診の重要な観点、

そして人にしてあげられる施術テクニック。

 

今セラピストや治療家として活動している方も、

自身のテクニックとして単独でも組み合わせでも使えるようになりますし、

家族のために学ばれて施術をしている方もいるそうです。

 

生きた知識と技術を学んで、

実践に生かせる場でした!

 

まずはぜひ9/26のホロソフィ―入門講座で中壽賀先生に会って、

直接刺激を受けてくださいね♪

↓↓ご興味ある方はよかったら合わせて読んでみてください♡

>>子供のケア〜軽視しがちな兆候からの考察〜がきっかけ。

 >>身体はどうやったら治るのか。