新年あけましておめでとうございます。

あっという間にお正月も明けていました。

 

今年は久しぶりにゆーっくりとした年末年始。

身体はとても休まりました^^

 

 

産休に向けて、いよいよカウントダウン。

同い年の子を妊娠していたお友達が次々と出産していき、新生児とご対面♡

しているうちに、

なんだか出産への覚悟が決まってきました。

(してなかったんかーい!笑)

 

まだ「産むんだな」という実感がなかったというのかな。

痛いの嫌だなという漠然とした気持ちが強かったのですが、

私も頑張って産んで赤ちゃんに会いたいなという気持ちが強くなってきました。

 

 

妊娠10ヶ月の意味。

一人目の時とはまた違って、赤ちゃんにとっても母親にとっても、大切な時間。

ひしひしと感じることが多いです。

 

 

12月下旬に、日本ホロソフィー協会の副会長であり、

京都でオステオパシー治療室をされている岩田先生が約1年ぶりに東京に来るということで、

無理を言って、わがままを突き通し、一生のお願いを(また)使って、施術会をしてもらいました。

岩田先生は、誰もが腑に落ちるような説得力のある筋道の通った説明をしてくださいます。

講義の時も、施術の時も、相手に合わせてわかりやすい例えも駆使して、時に面白く。

だから、盛り上がるし、面白いし、本当に勉強になる白熱教室のような雰囲気です。

先生は年中半袖だしね。

熱い先生です。

 

 

施術では、身体がなぜそうなっていて、なぜその症状が出ているのか。

なぜその症状がなくなった代わりに、

別の症状が出ているのか。

 

自覚している症状から、無意識レベルのストレスや、生き方や思考の仕方まで本当に広くて深い知識をもってお話してくれるのです。

 

私は、左脚(仙腸関節)に時に歩けないほど激痛が走るような状態でした。

 

娘からもらった風邪をこじらせ、咳が止まらず、咳をすると肋骨のある部分が痛む症状まで出ていました。

 

 

ここ数年、マズイ…というレベルの痛みや不快症状もな病院に頼ることもなかったのですが、さすがに歩けないとなるとちょっと焦りました。

 

 

でも、「岩田先生の施術がある」ということが私の命綱でしたね。

 

妊娠しているときは仕方がない。

妊娠したら身体は変わるからちょっとした不調や変化は人それぞれあるもの。

お腹が大きくなると、腰がつらくなる。

 

なんてことは本来なくて、

妊娠という変化にともなって、

身体は完璧に動き出してくれるものなんだと改めて実感しました。

 

 

この妊婦やばいわ〜

施術中に何度かため息とともに岩田先生に言われましたよ…

「実感してます!」

ってね。

 

 

こんなに痛みがあるのに、

おかしいはずがない。

先生が手を置く部位が全て痛いこと!!

oh…っとなりながら、

少しずつ身体が動き出す。

 

もちろんそれに合わせて赤ちゃんも動き出す。

居心地悪かったよね。

 

横子だったね。

 

横子!!

逆子の手前です…

(自覚があり、気になっていました)

 

 

施術の後、赤ちゃんが居心地良いところに移動していく胎動が沢山あり、夜には明らかにこれまでの胎動の位置が変わっていました。

 

 

本来赤ちゃんが過ごしたい位置に戻れたのですね。

私のお腹の位置も、

赤ちゃんの位置も、

行きたいところに行けない状態だったのが解放されたら、ちゃんと自ら動き出す。

 

 

身体ってやはりすごい。

先生の的確な触診にもこれまた脱帽でした。

 

 

止まらなかった咳の原因も、「風邪」ではなく、風邪はきっかけに過ぎず。な説明にも納得。

夜には咳き込むと痛かった肋骨の痛みが嘘のようにありませんでした。

 

 

脚の関節も外れた感覚はなくなり、

動けない…という痛みを脱しました。

 

こちらは無意識で倒れた時の外傷が原因ですが、外傷こそからだの構造への影響が大きく自力ではどうにもならない時があります。

今回の施術会には他にも妊婦の方がいらっしゃったり、

ハイハイをせず、お尻歩きをするお子さん、

歯列矯正をしていた方、

転んで咳が止まらなくなった方、

これからの人生の課題を話していた方、

など、多種多様な患者さんと接する先生が発する言葉ひとつひとつに重みを感じました。

 

身体って間違えないんだな。

必ず原因があって、原因を取り除けば自ずと治癒力を働かせる身体のすばらしさ。

 

また施術を通じて見て、体感することができました。

年末のお忙しい中、京都から出張してくれた岩田先生に本当に感謝。

このタイミングで受けられた方々も、

それぞれ意味があったでしょうし、感じたことがあると思います。

2017年は岩田先生の講義に始まり、施術会で終わりました。

 

今月には、日本ホロソフィー協会の会長である中壽賀先生の施術会でいよいよ本当に産休に入ります。

 

私はセラピストとして、

本当によい指導者に巡り会えて、

2017年は充実していました。

 

自分に「正直に」「今を」生きることで、

新たな命を授かり、

人生において大切な1年間でした。

 

自分に必要な人、

自分を必要としてくれる人に囲まれて、

本当に楽しい1年でした。

 

昨年までとは明らかに別の世界にいる。

また2018年はどんな年になるでしょうか。

 

私はどこにいるでしょうか♡

(人生という)旅に産休育休はないので(笑)

私らしい旅路を行きます!